So-net無料ブログ作成
検索選択

中国へ国際郵便(EMS,航空便,SAL,船便) [その他]

中国へ荷物を送る場合、いくつか手段があります。
(・_・?)えっ!?、相手いないし送る機会ない?
まー、今回は国際郵便についてです。基本は中国に限らず、発送先が銀河系太陽系第三惑星地球であれば、方法は同じです。
ヾ(・ε・。)ォィォィ すなおに世界中って簡単に言おうよ~。
※一部地域には発送できない場合や、発送禁止物もあります。

国際郵便には、航空便、エコノミー航空(SAL)便、船便の3つの発送方法があります。
航空便に入りますが、優先扱いになるのがEMSです。
料金の高い順に説明します。

 EMS

航空便になります。一番早い&高いです。
伝票番号で追跡可能です。
保険は2万円分まで補償されます。それ以上必要な場合は、50円追加ごとに2万円分追加補償となります。
発送物とその金額をすべて記入する必要があります。結構面倒ですよ。
お金に余裕があれば一番いい方法かな。

 航空便

EMSよりは安いです。
伝票番号で追跡可能です。ただし、小型包装物扱いだと追跡できません。
補償は標準ではありませんが、オプションで付けることができます。
日本から中国へなら、1週間あれば着きます。

 SAL

まぁまぁ早い&まぁまぁ価格です。
伝票番号で追跡可能です。ただし、小型包装物扱いだと追跡できません。
補償は標準ではありませんが、オプションで付けることができます。
日本を出て相手国に着くまでは航空輸送になります。しかし、日本国内および相手先国内では船便として扱われますので、若干時間がかかります。船便より速く、航空便より安いサービスです。
日本から中国へなら、10日~2週間あれば着きます。

 船便

文字通り船で運びます。
一番安いです。重量にもよりますが、航空便の半額以下になります。
伝票番号で追跡可能です。ただし、小型包装物扱いだと追跡できません。
補償は標準ではありませんが、オプションで付けることができます。
さて、時間はとてもかかります。日本から北京・上海・香港へ送る場合、2ヶ月となっています。(実際にどれくらいかかるかは知りません。)
神戸から天津へ50時間ほどの船旅なので、貨物の扱いはまた別なのかもしれません。

手段料金時間信頼性追跡保障
EMS×
航空便オプション
SALオプション
船便×オプション
※小型包装物扱いだと追跡はできません。
※ごまちゃんの偏見と独断でランク付けしています。ご自身の判断で発送方法を選択してください。

東京から上海に送った場合の料金です。
手段1Kg2Kg5Kg10Kg20kg30Kg
EMS1,800円3,000円6,000円10,200円18,200円26,200円
航空便2,050円2,750円4,850円7,850円11,850円15,850円
SAL1,800円2,400円4,200円6,700円9,700円12,700円
船便1,500円1,750円2,500円3,750円5,750円7,750円
※2010年1月時点の料金です。

注意点
追跡可能な場合であっても、確実なのは日本を出るまでです。相手の国に着いてからは、更新が遅かったりしますし、あまりあてにならないでしょう。

配達時不在だった場合、相手の国によってその後が異なります。
再配達の場合、日付だけしか指定できない場合もあります。郵便局まで取りに来るように指示される場合もあります。盗難に遭う可能性もあります。

送付物の扱い方は雑です。
衝撃と水に耐えられるように梱包しましょう。

EMSは標準で2万円まで補償されます。他の手段はオプション(有料)で補償をつけなければいけません。さらに、EMSは非常に早く届きます。重量によってはEMSのほうがお得な場合もあります。


実際に発送をされる方は、日本郵便(郵便事業株式会社)に確認をしてくださいね。
数キロ以上のものを送るのであれば、急がなければオプションで補償をつけてSAL便で送るのが一番いいかなぁと思いました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。